産学連携室について

Outline

工学院長からのメッセージ

植松友彦

教授 植松友彦

工学院産学連携室は、従来の教員と企業の間の個別の共同研究のみならず、工学院の多様な教員群と企業全体の包括的かつ継続的な共同研究を実施するために数年前に設立されました。おかげさまで、これまでに複数の企業との間で共同研究講座を設立することができました。今後も研究企画の段階から企業の方と当院の教員群が忌憚のない議論を重ねることによって、企業と大学双方にとってより有益な共同研究が行われることを期待しています。

産学連携室長からのメッセージ

武田行生

教授 武田行生

工学院産学連携室はこれからの新たなブレイクスルーを模索する日本の産業界にとって必要不可欠な学理を提供し、産学が一体となって社会・産業に真に必要とされる技術・製品の創出を行うことを目指すものです。社会・産業界の具体的なニーズに応じて工学院内の教員との最適な共同研究チームを編成して高度な問題解決を図るのみならず、社会・産業界における共通課題の抽出とこれに対する解決策の提示し、海外の大学等も含めた学外組織との連携による国際産学連携研究の実施など多様な産学連携活動を行います。

工学院産学連携室について

About Industry-University Cooperation Office

工学院は、機械、システム制御、電気電子、情報通信、経営工学などの技術分野を対象としています。各技術分野における基礎学問の深化を目指した基盤研究はもちろんのこと、未来の人類社会における課題を見据えた系横断のグループを設置して異分野融合による研究を推進しています。

そして、産学連携室はこれら教員の中から産業界からの具体的なニーズに対して最適な教員群からなる研究チームを構成して課題解決に当たります。
 

工学院産学連携室では共同研究等の担当教員(群)のご提案と研究計画立案のお手伝いをいたします。基本合意がなされた後の契約作成、締結手続き等は全学組織である研究・産学連携本部(https://www.ori.titech.ac.jp/sangaku/)が担当します。

大学との研究を行いたい企業の方へ

For companies wanting to do research with university

これまでにいただいたご相談

STEP

どんな教員・

リソースがあるのか

よくわからない。

STEP

技術・研究課題と

マッチする教員が

いるのか?

STEP

より緊密・

実質的な連携と、

そのきっかけが

ほしい。

STEP

誰に相談を

持ちかけたらいい

のかわからない。

本格的な共同研究に向けての自由な議論の場として「技術交流会」を開催します

STEP

まずはお気軽に工学院産学連携室にお問い合わせください。

STEP

「技術交流会」を安心してご利用いただくために「学術指導契約」の締結を推奨します。
・NDA条項により守秘義務が担保されます。
・すべての工学院所属教員が契約に基づく職務として責任をもって対応します。
・リーズナブルな指導料(目安:100万円/年)で年間を通じて技術交流会を開催できます。

STEP

「技術交流会」の開催
・事前の技術討論テーマ絞り込み、必要に応じて事前に討議内容を共有
・共同研究希望の御社技術者・グループと、マッチングが期待される本学工学院を主体とする教員チームとの討論
・教員からの研究紹介、研究課題に関する討論、懇親会
・会場は本学、御社のいずれでも可能

【参考】共同研究を立ち上げるための標準的な年間スケジュール

schedule-image